Home » My Life 私の生活 » Favorite お氣に入り

Favorite お氣に入り

私の衣食住の生活に関わるモノたち

[PR] 「セシールスマイルポイント2倍募金」募集のご案内

[PR] 靴・バッグ・小物類




バター   (食)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

他のものは、なかなか日本のレベルに追いつかないスイスですが、乳製品だけは値段・質ともに安定してスイスのものの方がいいという事が出来ます。日本のメーカーも努力しているし、びっくりするように美味しいものもあるんですが、やはりそこら辺で手に入って、毎日食卓に上がる製品のクオリティは、ね。(ま、乳製品をそんなに摂るな、という健康問題はさておき)

で、スイスのバターですが、無塩も美味しいんですけれど、私は有塩のものを常備してしまいます。もともと有塩のバターは、大陸ではあまり普及していなくて、種類は一つのスーパーに一つ。どちらかというと「味のわからないイギリス人が作った保存に適したバター」らしく、イギリスとその旧植民地で広まったものらしいです。で、旧植民地(アメリカ)の裏植民地ってことで、日本にも広まったんでしょうか。スイスのごとく消費しない日本では、もちろん持ちがいい有塩の方が合っているんでしょうね。

その日本のバターに慣れた日本の舌を持つ私には、やはり有塩バターのあの塩味が外せない時があります。例えば、連れ合いにしてみれば「超・邪道」みたいですが、ジャムなど甘くして食べるパンに有塩バターをつけること。でも、スイカに塩をかけると甘くなるみたいに、甘さと塩味のハーモニーって味わい深いんだけど。ま、いいでしょう、これは邪道でも。

連れ合いは、旧英国植民地の南アフリカシンパなので、スイス人にしては有塩バターにたいする抵抗がなく、というか、有塩バターが好きで、結局二人ですごい勢いで消費する事になります。二人暮らしで125g入りが一週間持たない事があります。

バターと塩がもっとも威力を発揮する我が家の料理は、ほうれん草のバター炒め。これで、連れ合いはほうれん草が大好きになりました。私も付け合わせの中ではもっとも好きな料理かも。

written by polepole, published on 01. 06. 2012




眼鏡   (衣)

もともと、フレームの耳にあたる部分が欠けていて「そろそろだな」とは思っていたんですよ。フレームが欠けたのは、フィットさせようと曲げて、やりすぎちゃったからなんですが。でも、まあ、見えない所だしと、しばらく我慢していました。

その内に「ちょっと傷がひどいな」と思うようになって、「これって傷かな、それとも表面についているものかな」と甘い観測のもと、重曹溶液で綺麗にしようとしたのが間違いのもと。なんだか更によろしくない感じになったので、なんとかしようと少し熱いお湯につけたら、もっとひどくなって、眼鏡として用を成さなくなってしまいました。それで、あわてて、新しい眼鏡を階に行く事になりました。

もちろん、眼鏡なしでは生きていけない視力なのですが、幸い、日本にいた頃のおしゃれ用眼鏡があったので、新しい眼鏡が出来るまでの一週間はそれでしのぎました。

私は近視と乱視がひどく、ただの眼鏡だと瓶底どころではない厚さになってしまうので、特殊加工プラスチックでレンズを作ってもらいます。そのせいもあって、フレームは100フラン程度なのに、出来上がった金額は500フラン弱。もちろん保険も利きませんが、まあ、前の眼鏡は五年も持った事ですし、いい事にしましょう。

新しい眼鏡は傷がつかないように細心の注意を払って扱っています。いつまでかはわかりませんが……。

written by polepole, published on 01. 06. 2012




ハイドロカルチャー   (住)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

我が家にはあまり手のかからない植物がいくつかあるのですが、ほとんどは土で育てています。で、しばらくラッキーバンブーの水栽培もあったんですが、週に二〜三回は水をやらなくてはならないので、旅行にはちょっと不便と、ハイドロカルチャーにしてみました。

枯れてしまうこともあるというのでドキドキしていたのですが、どうやら移植に成功したらしく、元氣に葉っぱを伸ばしてきました。味をしめたので、今後は土植えの他の植物もハイドロカルチャーにしようかなと画策中です。

written by polepole, published on 01. 05. 2012

 

Showing 19 - 21 of 107 Articles < Previous 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536 Next >