Home » My Life 私の生活 » Favorite お氣に入り

Favorite お氣に入り

私の衣食住の生活に関わるモノたち

[PR] 「セシールスマイルポイント2倍募金」募集のご案内

[PR] 靴・バッグ・小物類




日本の果物   (食)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

休みの関係で、しばらく常に三月の終わりから四月の頭にかけて日本に帰国していた私が、10月に帰国するようにしたのは、実は日本の秋のフルーツを食べたかったからです。梨、ブドウ、柿、栗など、春の日本ではどうやっても食べられない果物がたくさんあります。果物ではないけれど松茸も秋の味覚ですよね。

ヨーロッパにはブドウはありますが、日本のあの味には敵いません。梨はクリスマスの頃に中国製の日本のタイプの梨がわずかに出回りますが、基本は洋梨。柿はそこそこおいしいですが、栗の方はそのまま食べるには甘みが少ないと思います。とにかく日本の農家の方の努力は尋常でない。あんなにおいしい果物は日本にしかありません。

そんなわけで帰国した日から日本の味覚を狂ったように食べ始めました。ファーストフードに入るような時間などありやしません。一日は三食、食べたい物をこなすだけで精一杯でした。

そんなわけであと10年くらいは食べなくても思い出だけ暖めていられる、というくらいたくさんの果物と味覚を堪能する事が出来ました。

written by polepole, published on 01. 11. 2011




アメリバッグ   (衣)

日本に行く直前、Thusisの街を歩いていたら、なかなかいい感じのバッグを見つけました。そもそも私はあまりみっともなくないリュックサックを探していたのです。旅行中というのはメインの荷物が手を塞ぐので、貴重品やその他のものを入れるバッグはリュックか斜めがけの出来るバッグが好ましいのです。とはいえ、あまり小さくては入る量が困ります。しかし、リュックサックを抱えているというのもファッション上かなり野暮ったいのです。Thusisで見つけたバッグはそのすべてを解決するように見えました。リュックのように物は入るけれど、そこまで野暮ったくなく、ショルダーバッグとリュックの中間の感じで使えるのです。形状はみな同じでも、素材やデザインが違うものがあります。

このバッグはアメリカで開発されたアメリバッグでした。そもそも背中を壊した人が痛みを感じなくするために作った特別な形状で、実際に普通のバッグやリュックサックで同じ量の物を持ち歩く時よりも重さの負担が感じにくくなっています。片方の方にショルダーのようにかけてもいいし、手が離せない時は斜めがけにも出来ます。外と中には実にたくさんのポケットがついていて、財布、鍵、ペン、ペットボトル、傘、携帯、パスポートのような貴重品、ハンカチ、充電池、などを定位置に収めてさっと取り出せるようになっています。旅行中はさらに大きめのカメラ、ショール、帽子を入れていましたがパンパンにもならず、本当に使いやすくて感動ものでした。

私が最初に買ったのはXSというサイズで、女性なら普段使いはこれで十分。書類やカーディガンなども入れたいならSもいいかもしれないと思います。もっと大きなMサイズ、Lサイズもありますが、実際に担いでみるとかなり大きいので一泊旅行のものを全部入れたいならこのサイズかも。私はさらにもう一つ、ラージ・バッグレットというポシェットサイズのものも買って、最低限のものだけ入れてちょっとバイクのドライブに連れて行ってもらう時などに使っています。

日本にもあるかと調べてみたら、藤原紀香さんが愛用しているとバッグとしてある程度有名にはなっていたみたいです。東京なら丸善の丸の内本店で買う事が出来ます。また、Amazon.comを通してアメリカから買う事も出来ます。私のポシェットサイズは、そうやってアメリカから買いました。

written by polepole, published on 01. 11. 2011




ルメア 脱毛マシン   (住)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

ついに買ってしまいました。フラッシュ式脱毛マシン。日本にはイーモがあって、ながいこといいなと思っていたのです。

そもそも、これまではソイエなどで脱毛、抜ききれなかったのは毛抜きで一本ずつ、時間のない時はカミソリでえいやっという状態でしたが、やってもやっても生えてくるのでうんざりしていたんですよね。かといって、この田舎にはエステサロンなんてないし、あってもこの性格では続く訳がない…。

日本に行く時にイーモを買おうかなと思いつつ調べてみたら、こちらではPhilippsの製品でLumeaというものを売っていました。充電式だし、フラッシュは一回ですが、使ってみた感触は満足しています。

本当に永久脱毛に近い状態になるかはわかりませんが、しばらく続けてみようと思います。

written by polepole, published on 01. 10. 2011

 

Showing 40 - 42 of 107 Articles < Previous 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536 Next >