Home » My Life 私の生活 » Favorite お氣に入り

Favorite お氣に入り

私の衣食住の生活に関わるモノたち

[PR] 「セシールスマイルポイント2倍募金」募集のご案内

[PR] 靴・バッグ・小物類




ルイボスティー   (食)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

日本ではどういう訳が美容のためのお茶としてブレークした(大昔ですが)ルイボスティー。南アフリカ大好きの連れ合いとの生活では、なくてはならないお茶です。カフェインレスなので、夜遅くでも安心して飲む事が出来ます。

赤いお茶には独特の香りがあるのですが、一度慣れてしまうと病みつきになってしまうのが不思議。スイスでは、この香りを和らげようということなのかバニラとのブレンドティーなども売っていますが、そんな邪道なものは我が家ではありえません。できれば、ファイブローゼスなど、南アフリカのブランドのものがベスト。以前ほど連れ合いがしょっちゅうアフリカに行かなくなってしまったので、欠かす事も多いんですけれどね。無印良品で売っているものもおいしいですよ。

written by polepole, published on 01. 10. 2011




フリース カーディガン   (衣)

日本はまだ30℃だと騒いでいる九月半ば、こちらでは標高800メートルにまで雪が降りました。我が家の住む村まであと100メートル!さすがに朝は寒くて、今までのようないでたちでは通勤できません。

フリースのカーディガン、秋用のダウンジャケット、そして手袋。こういう装備が必要になってきました。

フリースのカーディガンは、薄手のもの、厚いものといくつか持っています。ウールよりも洗濯が簡単なので日常でよく着ます。年に9ヶ月くらい着ているかもしれません。日本でも調達して来るかもしれません。

written by polepole, published on 01. 10. 2011




ベートーヴェンのキーホルダー   (住)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

一年前にウィーンで買った黒い革のキーホルダー。よく見ないとわからないのですが、ベートーヴェンの横顔とサインがエンボスになっています。旅行で買ったキーホルダーを自分用におろす事はあまりしないのですが、これは特別。あのウィーンの旅は、私にとってベートーヴェンへのオマージュでしたから。

学校の音楽室に掲げられているようないかにもなベートーヴェンではなくて、いわれなくては誰も氣がつかないような形で、いつもマエストロと一緒にいると思うのは氣分がいいものです。自己満足ともいいますけれどね。

written by polepole, published on 01. 09. 2011

 

Showing 43 - 45 of 107 Articles < Previous 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536 Next >