Home » My Life 私の生活 » Favorite お氣に入り

Favorite お氣に入り

私の衣食住の生活に関わるモノたち

[PR] 「セシールスマイルポイント2倍募金」募集のご案内

[PR] 靴・バッグ・小物類




竹炭   (住)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

水力発電所の側にあって、我が家が送電線による高電磁波に襲われているような氣がする、という理由がひとつ。それに「イヤシロチ」に興味を持ったのが二つ目。そんなこんなで、調べたら竹炭がいいということがわかりました。でも、ただの竹炭ではダメで、まわりが銀色になるように高温で焼いたものでないと、通電はしないんだそうで、意味がないとのこと。

そんな高度な竹炭をスイスで売っている訳もなく、思いあまって日本から注文しました。

日本でも一カ所しかないという虎竹の炭を扱っているサイトで、対応も親切だし海外にも送ってくれるというので、試しに高温の竹炭と、それから臭い対策に低温の竹炭も買ってみました。

イヤシロチ効果については「こんなによくなった!」と目に見えた変化はまだないのですが、すくなくとも臭い対策にはものすごく効くということがわかりました。古いウールの靴下に、低温で焼いた竹炭を入れて一晩連れ合いの臭い靴に入れておくようにした所、それを履いて仕事をする、彼の隣の部屋にいても臭っていた猛烈な足が、臭わなくなったのです。これはすごい効果でした。

この効果はかなり続きましたが、慣れてきて彼がやるのを止めると数日でまた匂いが戻ってくるので、「ちゃんと入れて寝て!」と厳命。また臭いが減って来て助かっています。

written by polepole, published on 01. 04. 2011




モロッコインゲン   (食)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

ここしばらくハマっているのが、平たく巨大なモロッコインゲンです。マメ嫌いの連れ合いが、これだけは好きだということがわかったので、買い物の度にカートに放り込んでいます。

調理法はいたってシンプルです。ひたひたの塩水でゆでたものを、塩こしょうだだけで味付けして油炒めにするだけ。それだけでもぱくぱく食べます。我が家は肉の量をかなり制限しているので、タンパク摂取のために豆製品は欠かせないのですが、食べてくれるならこれ幸い。

スープやカレーに放り込んでもいけます。



written by polepole, published on 01. 04. 2011




音楽   (住)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

私はどちらかというと音楽がないと生きられない方。家でも常に何かを流していますし、出かける時にはかつてはウォークマンが必需品でした。いまはどちらにしてもiPhoneがありますけれど。

どんな音楽をかけるかというのも生活の一部だと思うのです。まあ、子供の頃に六畳の和室で一人でラフマニノフピアノコンチェルトを聞いていたのも、それはそれで悪くなかったのですが、あまり生活に即した音楽という感じはしません。音楽がメインの目標で聴く時と、BGMとしての選曲にはおのずから違いが出てくるものです。

我が家は、朝は軽いクラッシック、昼は軽音楽、夜はジャズがメインです。太陽光、照明、部屋の状態、活動の状態、精神状態などなどからして、このパターンが一番しっくり来るんですよね。。もちろんジャズを聴くのにとっちらかった部屋はいただけないし、個人的には四畳半の和室もあまり合わないような氣がします。好みはそれぞれですけど。だから、音楽に合う生活環境を整えたりもします。インテリアや片付け、それに一緒に楽しむ飲み物なんかも。

written by polepole, published on 01. 03. 2011

 

Showing 61 - 63 of 107 Articles < Previous 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536 Next >