Home » My Life 私の生活 » Favorite お氣に入り

Favorite お氣に入り

私の衣食住の生活に関わるモノたち

[PR] 「セシールスマイルポイント2倍募金」募集のご案内

[PR] 靴・バッグ・小物類




ガラムマサラ   (食)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

日本で「今日はカレーにしよう」と決めたら、何はともあれ「カレールー」ですよね。でも、あれって日本にしかないのです。海外でカレーを食べたければ、当然カレー粉から自分で作るしかないわけです。別にカッコつけているわけでも、本格的なものを食べたいわけでなくても。我が家には、ごく普通の「カレー・マドラス、マイルド」というカレー粉の他に、謎のインド人や、通りすがりのスリランカ人(連れ合いの顧客)にもらった「ママの手作りカレー粉ミックス」みたいなものがあり(どちらも超激辛)、香味野菜とミックスしてカレー粉をじっくり炒める所からはじめるのです。

ここで忘れてはならないのが、ガラムマサラ。やはり香辛料のミックスなのですが、これだけはターメリックやチリが入っていないので、これだけではカレー味にはなりません。でも、これを入れるとエスニックな感じがワングレードアップします。カレー以外でも、マサラティーを作る時にほんのひとつまみ入れます。

今日はエスニックで決めたいという時には必須です。



written by polepole, published on 01. 03. 2011




手袋   (衣)

スイスの冬ですから、もちろん、手袋は用意しているのですが、この冬新たに二種類の手袋を買い足しました。ひとつは自転車通勤用に、遠赤外効果のあるというスキー用の手袋。マイナス10℃以下になるとただの手袋ではたった15分の通勤時間でも相当なダメージを受けるので、とにかく機能優先です。子供用ですが、サイズもぴったりでシックな茶色。残念ながら暖冬であまり活躍していません。

もうひとつはただの伸びるどうでもいい手袋です。私は通勤用のダウンコートとお休みの日や買い物の時のダウンコートをわけているのですが、手袋を移し替えてそのまま忘れてしまったりすると、必要な時にショックを受けるのです。それでそれぞれのポケットに入れっぱなしにできるよう二つ目を購入したというわけです。

written by polepole, published on 01. 03. 2011




ベッド   (住)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

我が家は日本式に言うと1LDKなのですが、部屋の一つ一つが大きく、空間に余裕があります。それで寝室では一人に一つ、二つのベッドを並べているのですが、これが日本でいうクイーンサイズなんですね。シングル90㎝、セミダブル120㎝、ダブル140㎝に続く160㎝という横幅がクイーンサイズです。これだけ広いと熱い夏の日にひんやりした場所を求めてごろごろ移動することもできます。あまり暑い夏の夜がないので、あまりその必要はないんですが。

最近は、この広いベッドの別な利点をみつけてしまいました。北枕がよろしいという話をきいたものの、我が家は南北の線を基準にすると斜めに横たわっているので(連れ合いのベッドを捨てて場所を作れるならば話は別ですが)、北枕になるようにベッドを配置するのは不可能なのです。ところが、ベッドの頭は北西を向いていても体を斜めに配置すれば北枕になるように眠ることは可能だと氣がついたのです。これは幅の広いベッドだからできること。そういうわけで、最近は北に枕を向けて眠っています。もともとこの寝室、ベッドでは実によく眠れていたために、目に見えた北枕のご利益はまだ感じられていませんが、しばらく続けてみたいと思います。

written by polepole, published on 01. 02. 2011

 

Showing 64 - 66 of 107 Articles < Previous 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536 Next >