Home » My Life 私の生活 » Favorite お氣に入り

Favorite お氣に入り

私の衣食住の生活に関わるモノたち

[PR] 「セシールスマイルポイント2倍募金」募集のご案内

[PR] 靴・バッグ・小物類




安心やさい   (食)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

安心やさい」というのはホッキ貝殻を特別な方法で焼いてできた、100%天然素材の野菜洗浄剤の商品名です。ふとしたことから知って日本から取り寄せたのですが、すっかり手離せなくなってしまいました。我が家では現在80%の食材を野菜にしていて、可能ならばスイスの有機農法で作ったものをとは思っているのですが、バラエティを考えるとそうもいかず、ヨーロッパのものをと妥協して買うこともしばしばです。

どんな農薬を使っているのかもわからないし、見た目がきれいなのでつい簡単に水で洗って使うことが多かったのですが、この「安心やさい サーフセラ」で洗浄すると、農薬・防腐剤・ワックスなどの化学薬品がとれるだけでなく、見た目でどれほど農薬などが使われているかがわかるのです。詳しくはリンク先を読んでいただければわかりますが、とにかく本当に目に見えるんです。

洗浄した時に「ひぇ〜」と思うのはプチトマト。有機のものだとほとんど色が変わらないのに、安売りで買ってきたイタリアのプチトマトは洗浄したら液がとんでもない黄色に変わっていました。こんなの申し訳程度に水洗いして食べてたのかと思うと本当にぞっとします。

我が家では買い物は週に一度なので、買い物から帰ってくると買ってきたばかりの野菜や果物をまとめて洗浄してしまいます。お徳用150袋入りを買ったのですが、次回は個別包装になっていない更にお得なものを買おうかと思っています。



written by polepole, published on 01. 02. 2011




アクセサリー   (衣)

アクセサリーをつける習慣がずっとなかったのですが、ここ数ヶ月意識的に毎日アクセサリーを身につけて外に出るようにしています。基本的には指輪とネックレス、それにブレスレット。曜日に合わせて洋服とアクセサリーの色をコーディネイトして。自分の指輪のサイズもようやく把握しました。以前は、祖母の形見でもらった指輪がどの指に合うかも知らなかったのです。いままで洋服は着ていれば、清潔ならば何でもいいと思っていたのですが、アクセサリーをつけようと思うだけで意識が全然変わってきますね。

もちろんアクセサリーをつけなくてもいいのです。でも、私は少しだけ自分が女性であることを不必要に否定して生きてきたような氣がするので、ここでちょっと軌道を修正してみたかったのです。で、もちろん自分に力をくれそうな天然石で。仕事中にでもふと一息ついた時にきれいな石が太陽に光っていたりするとそれだけで嬉しくなります。

written by polepole, published on 01. 02. 2011




スチームクリーナー   (住)

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

通販のチャンネルを見て、ずっと欲しいと思っていたスチームクリーナー。「こういうの誇大広告が多いし」と迷いつつも、見るたびに「やっぱり欲しいなあ」と悩むこと5年近く経っていました。

友人が日本で購入したという話を聞き、がぜん欲しくなった私は、ついに購入しました。通販チャンネルで宣伝していた会社のではなくて、ドイツのケルヒャー社のものにしたのは、スイスにちゃんとした代理店があるのと、この会社のならば連れ合いが文句を言わずに買わせてくれるからです。

買ったのはSC1020というモデルで、床用、ハンドブラシ、ノズルなどがついていて、あちこちをきれいにできる上、1リットルの水が入るので連続して30分ぐらい使えます。また、一度水がなくなってからも熱湯をいれれば二分くらいで再び使えるようになります。

もちろん、テレビジョッピングで宣伝していたほどには万能選手ではなく、特に油汚れは洗剤との併用が必要でしたし、その他の汚れに関してもけっこう根気がいるのですが、それでもただの水拭きで掃除していた時よりははるかに効率よくきれいになります。水汚れや手あか系は面白いようにきれいになりますし、床の掃除もずっと楽です。

先に別の会社の製品を購入した友人と情報交換しながら楽しく使っています。

written by polepole, published on 01. 01. 2011

 

Showing 67 - 69 of 107 Articles < Previous 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536 Next >