Home » My Life 私の生活 » Books&Music 視聴覚室

Books&Music 視聴覚室

読んだ本、聴いた音楽、観たフィルムなどについて




(Book) 時計工学のための小辞典   D. Xanthos 著

ラ・ショードフォンにある「時計博物館」で買ってきた小冊子です。なぜこれを買ったかというと、目の前で見ているのに時計が動く仕組みがどうしても理解できなかったからです。歯車の組み合わせ、ねじやゼンマイの絶妙な配置によって、時計が時を刻む、それはわかったのですが、その先がどうしても理解できないのです。目と頭で理解できないものは、言葉にはできません。だから、少しでも理解の手助けになればと思って買ってきたのです。

実際には、読んでもやっぱりよくわかりません。まあ、言葉で理解できるようなものではないのかもしれません。でも、私はあの魔法のような動きを忘れたくないので、それを思い出す一助になると思っています。

written by polepole, published on 01. 02. 2012




(Music) MAINTENANT JE SAIS   ジャン・ギャバン

歌というよりも、ほとんどは語りのような曲です。「若い頃、僕はそんなことは知っているさとばかり言っていた。六十近くなって、僕は自分が何も知らないことを知った。僕はそのことだけは知っている」というような内容の詞です。

歳を取れば取るほど、自分は何もわかっていなかったことを知る。それは誰もが通る道なのかも知れません。私も若い頃はもっといろいろなことを知っているつもりでした。人生について、愛について、生き方について。けれど、今もこの世界は謎に満ちています。人生はいつまで経っても新しい発見と喜びと悲しみに満ちています。知り尽くすことなどないからこそ、人生は素晴らしいのかもしれません。

written by polepole, published on 01. 02. 2012

 

Showing 17 - 18 of 68 Articles < Previous 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334 Next >