Home » My Life 私の生活 » Books&Music 視聴覚室

Books&Music 視聴覚室

読んだ本、聴いた音楽、観たフィルムなどについて




(Book) スパゲッティ・ピッツァ   本谷滋子 著

十年近く前に、姉からもらった料理本です。当時ですらも「かなり前の本」という感じだったので、今では手に入らないかもしれませんね。しかも、これ、著者のサイン入りです。姉が、学校かどこかで著者本人に習ったんじゃないでしょうか。

今や「イタめし」は日本では珍しくも何ともなくなり、「マリナーラソース」「スパゲティ・アマトリチャーナ」といっても「ああ、あれね」とレシピが頭に入っている人もいるでしょうが、この本が出たのは昭和52年。「スパゲティ・ボロネーゼ」といっても誰もわからず「ミートソース」という名前で洋食屋で食べるものだった時代。著者は、本格的なイタリア式のパスタソースとピッツァを紹介していました。

日本では珍しく食材も稀だったとはいえ、イタリアでは昔から作られてきたおなじみの味ばかり、食材も特別なものはあまりありません。イタリアに近い我が家では、いつものスーパーで手に入るものばかり、というわけです。それで、今、私の家庭でパスタソース作りの教科書として愛用されているという訳です。といっても、ほんとうにベーシックなものばかりなので、特別難しい事は何もありません。

日本で本格的イタリア料理を作るというと、大事業みたいに聞こえますが、ここではただのご飯作り。「いつも作っているものは飽きたから、何かあり合わせのもので美味しいものは出来ないかな」という時によく開けています。

written by polepole, published on 01. 12. 2011




(Music) Snow desert   P. モーリア

子供の頃、限られたお小遣いで、少しずつ買いそろえていたのは、ポール・モーリアのイージーリスニングのカセットテープでした。CDなどというものはまだ存在しなかった頃の話です。何回目かの冬に「ポール・モーリアのクリスマス」というアルバムのカセットを買い、クリスマスの時期になるとかけて、ずっと大切にしていました。つい最近まで、このカセットはわがSUBARUの中で活躍していたのですが、バッテリーを食うという理由でカーラジオの配線を外されてしまったので、もはやどこでもかけられなくなってしまいました。

ふと「最近、ポール・モーリアのこと聞かないなあ」と思って、検索してみたら、なんと2006年に亡くなっていました。う、そんな…。今さらですが追悼の意味を込めてiTuneストアで探して見つけたのが、アルバムの中でもっともお氣に入りだった曲。日本語では『雪のクリスマス』という題になっていましたが、『Snow desert』 って原題だったんですね。心の静まる素敵な曲です。

written by polepole, published on 01. 12. 2011

 

Showing 21 - 22 of 68 Articles < Previous 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334 Next >