Home » My Life 私の生活 » Books&Music 視聴覚室

Books&Music 視聴覚室

読んだ本、聴いた音楽、観たフィルムなどについて




(Book) 青列車の秘密   A. クリスティ著

友人が、シャーロック・ホームズを読み直しているという話で思い出して、読み直したのがこの『ブルー・トレイン』。どの話も記憶にない(つまり一回くらいしか読んでいない)ホームズものと違って、この本と『オリエント急行』は登場人物の台詞(の翻訳)を憶えているくらい読んでいるので、いまさら読み直す事もなかったんですが。

スイスに移住するにあたって、お氣に入りの本は、文庫をメインにして持ってきたのです。その時に買い替えたので装丁はきれいになったんですが、翻訳が変わってしまって、読む度に変な心持ちがします。

いずれにしても、この『ブルー・トレイン』は、豪華列車で乗客たちの暮らしも優雅なものです。間違っても日本の忙しない時刻表とくびっききの列車殺人事件ではありません。私が何度も読み返すのは、殺人事件故ではなくて、このありえない上流社会の暮らしを楽しむためだと思います。

written by polepole, published on 01. 10. 2011




(Music) Schafe können sicher weiden   J. S. Bach

バッハによるカンタータ208番、『羊は安らかに草を食み』と訳されている曲です。ずっと前から好きだったのですが、誰のなんて曲だったか、なかなか憶えられず、ラジオでかかっていた所をようやくつかまえました。

バロックの曲は、平和な感じのものが多いですが、この曲はことさら平和な感じ、原曲は歌曲だという事で歌詞がついているのですが「よき牧者のいる所では羊は平和に草を食む事が出来る」という、誠に穏やかなもの。Youtubeで探してみると、羊が草を食んでいるピースフルな画像をつけたものの多い事!

写真のスライドショーのBGMにもいい感じです。

written by polepole, published on 01. 10. 2011

 

Showing 25 - 26 of 68 Articles < Previous 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334 Next >