Home » My Life 私の生活 » Books&Music 視聴覚室

Books&Music 視聴覚室

読んだ本、聴いた音楽、観たフィルムなどについて




(Book) イタリアの歩き方   地球の歩き方

正確には「イタリアの歩き方 ローマ フィレンツェ ミラノ ヴェネツィア」という長い名前のMookなのですが、我が家を訪ねてきた二人が持っていたのです。とてもいい感じだったので、姉に頼んで送ってもらってしまいました。

旅行に行くための準備としても有用なんでしょうが、私の楽しみ方は旅する氣分でぱらぱらとめくること。それから、物書きの資料にするのが少し。なんせ名物料理から簡単な美術建築史、夜景スポット、郊外の観光スポット、土産物のおすすめまで至れり尽くせりの情報なのです。こういうのって、文字で読むより写真で見たいものの方が多いじゃないですが。その点、このMookはほとんどカラー写真で出来ているといっていい、目で見る旅行案内。四都市に限られているのがなんですが、出来ればこれのドイツ版、スペイン版、オーストリア版なんかも出してくれるといいですねぇ。期待しています。

written by polepole, published on 01. 08. 2011




(Music) Tendre   C. Bolling

フランスのボーラン(ボリング)という作曲家による「Picnic Suite」というギターとフルートとピアノを中心としたジャズの組曲があります。何ゆえにピクニック組曲なのかよくわかりませんが、その中の一曲です。この曲はとても心地いいので大好きです。

穏やかで、優しくて幸福感にあふれていて、それぞれの楽器に対する愛情が感じられて。

私は、怒濤の感情を呼び起こすような交響曲やら、ロマンチシズムにあふれる協奏曲を偏愛したりもするのですが、時々こういう柔らかくて落ち着く曲も聴きたくなります。また、旅行で撮った写真のスライドショーのDVDを作るときにBGMは、あまり映像を邪魔しない、また悲しかったり疾風怒濤の感情を呼び起こすようなものではない方がいいわけで、この曲はそういう用途にも使えますね。

written by polepole, published on 01. 08. 2011

 

Showing 29 - 30 of 68 Articles < Previous 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334 Next >