Home » My Life 私の生活 » Books&Music 視聴覚室

Books&Music 視聴覚室

読んだ本、聴いた音楽、観たフィルムなどについて




(Book) 星守る犬   村上たかし 著

映画化されて、日本中の感涙をしぼったんだそうです。日本から遊びにきてくれた方がプレゼントしてくださった漫画です。

映画がヒットしたというのはよくわかります。泣ける話で犬が出てきますから。いい話というにはちょっと切ないのですが、つまりいい人が救われないことになる世知辛い話なのですが、忠実な犬が出てくるので少しは痛みが軽減されるというところでしょうか。

犬と人間との関係というのは猫との関係とは違って、依存性があります。だから寂しい人は犬を飼うという構図も成り立ちます。そういう構図は現実でもかなり見かけます。私も犬は好きですが、自分で飼うつもりはありません。寂しくないからではなくて責任を持てないから。もらう愛情と同等以上のものを返してあげられる自信がない限り、簡単に生き物を飼うことができないのです。人間との関係も同じですけれどね。

written by polepole, published on 01. 07. 2011




(Music) 刑事コロンボのテーマ   H. マンシーニ

ピーター・フォークが亡くなったと聞いて、どうしても聴きたくなってしまった曲。これが自宅にあるというのもなんですが。ヘンリー・マンシーニの有名な曲だけを集めたCDがありまして。昔、毎月同じジャンルのCDが送られてくるサービスに加入していたことがありました。私はイージーリスニングのコースを申し込んでいたのです。(話はそれますが、毎月コーヒーか紅茶とケーキが送られてくるコースというのも頼んだことがありましたっけ)それで買ったのがこのCDです。コロンボのテーマがマンシーニの手によるものだということも知りませんでした。

番組が始まる前のわくわくとした感じ、それに大好きだったピーター・フォークのことを思いながら聴きました。iTuneに入っていたのですが、その次に流れてきたのはフォーレの『レクイエム』だったというのも、少し考えさせられましたね。

written by polepole, published on 01. 07. 2011

 

Showing 31 - 32 of 68 Articles < Previous 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334 Next >