Home » My Life 私の生活 » Books&Music 視聴覚室

Books&Music 視聴覚室

読んだ本、聴いた音楽、観たフィルムなどについて




(Book) ヴェニスに死す   T. マン著

映画にもなった有名な小説です。随分昔に日本で買い、何となくスイスにも持ってきたのですが、しばらく読んでいませんでした。

小説というのは面白いもので、もちろん背景やその土地を知らないでも十分に楽しめるのですが、その土地や文化を知るともっと別のものが行間から読み取れるのです。

私はマンが一時暮らしたグラウビュンデンに住み、彼が実際に操った言語を知り、そして小説の舞台であるヴェネツィアにも行きました。この経験から見えてくる小説の世界は以前読んだものとは全く違っていました。これを考えるとたとえば私が南米の小説を喜んで読んでいても、実際にはそこに住んでいる人が読むものとは違っているのかもしれません。

それでも、小説はそれぞれの読み方で楽しめばいいのですが。

written by polepole, published on 01. 08. 2012




(Music) 地球に乾杯   羽毛田丈史

これも「NHKテーマ曲集」のCDから。案の定、番組は観ていません。だから単純に音楽として好きだなあと思っての登場です。

もちろん世界のすばらしい光景や人びとの映像と一緒に出てきたら素敵だろうなあとは思います。でも、なくてもとてもいいんですよね。

ドキュメンタリーのテーマ曲のいいところは解説を入れる都合なのか、どんな状況にも合わせようとするためなのか、不要な歌詞が入っていない事です。だから、聴く方としては自由に想像を広げられます。私のように小説のBGMにしようと購入する人には願ってもない恩恵なのです。

written by polepole, published on 01. 08. 2012

 

Showing 5 - 6 of 68 Articles < Previous 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334 Next >