Home » My Life 私の生活 » Books&Music 視聴覚室

Books&Music 視聴覚室

読んだ本、聴いた音楽、観たフィルムなどについて




(Music) Love (ロビン・フッド)   NEVER LAND ORCHESTRA

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

その昔、幼稚園の教諭をしていた姉は、ディズニー系のCDを持っていました。その中でとても気に入った曲があったのだけれど、帰国するたびに探してもそのCDがみつかりませんでした。

先日、ふと思いついてiTuneストアで探したら、ありました。探していたこの曲が。このネバーランドオーケストラの、まさにこの演奏が欲しかったので、さっそくクリックして購入。実に便利な世の中になりました。

written by polepole, published on 01. 02. 2010




(Book) おくりびと   滝田洋二郎 監督

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

 

アカデミー外国映画賞を受賞したので、「これはThusisにも来るだろう」と待っていましたが2009年中にはかかりませんでした。それを年末に発見!上映はなんと三が日でした。四日から出勤だし、19時からといういい時間で上映されるのはたった一回だけだったので、行ってきました、元旦に。私としては「元旦にこの手の映画ってのはどんなものよ」と思ったのですが、行って大正解。かえって年の初めに日本と自分と、それから人の心を考えるとてもいい映画を観られたと思います。特に後半(スイスの映画館って途中で休憩を入れるのです)は、ほとんど泣きっぱなしで、ハンカチ代わりのミニタオルがおしぼりみたいに湿ってしまいました。

アカデミー賞受賞するぐらい外国人に受けたのは、様式を極めただけでなく心のこもったご遺体に対する扱いと、葬儀が死者のものではなく残された人々の心に関するものであることを、甘すぎず、しかし優しく伝えた点にあると思います。私は実はこの映画にあるような納棺の議を目にしたことはありません。東京で育ったためなのか、我が家が極端に伝統から外れていたためなのかよくわかりませんが、納棺の議そのものはその場で見ていたほかのスイス人観客と同じように「ほう」という感じでした。しかし、そこに流れる生死観や主人公の妻の台詞「穢らわしい」については日本人でなければ新鮮な衝撃を受けるかもしれないなと思いました。職業差別を受けることもある仕事だということは、映画を観るまでは頭に浮かびませんでした。どちらかというと「うわ、大変な仕事だ、私には無理そう」という「やってくださる方がいてありがたい」職業でした。でも、確かに差別を受けることもあるだろうし、その現実に堪えている方も多いだろうなと察しました。

「陰陽師」の監督だったので、どうなっちゃうのかと観る前は心配だったのですが (あの映画そのものは好きなのですが、疑問に思うようなエンターテーメント精神満載だったので…) 、ユーモアが暴走しすぎず、シリアスでありつつ優しい映画のトーンが最後まできちんとした一体感を持ち、チェロを始めとする音楽と山形の自然が解け合って私が今まで観た邦画のなかでも五本指に入る作品だったと思います。

 

written by polepole, published on 01. 02. 2010

 

Showing 65 - 66 of 68 Articles < Previous 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334 Next >